プログラミングスクール 「3DSでプログラミングに挑戦!」を開催しました!

1月22日に小中学生向けプログラミングスクール 「3DSでプログラミングに挑戦!」を開催しました!

FIVEBOXではIT人材育成事業を行なっており、その事業の一環として、また、FIVEBOX初のイベント活動として企画されました。


このプログラミングスクールではニンテンドー3DS用ダウンロードソフト「プチコン3号 SmileBASIC」を使用しました。

プチコン3号には「SMILEBASIC」という「BASIC」を3DSに特化させたプログラミング言語が内蔵されており、3DSにあるボタンやセンサーなどを利用してゲームを作ったりすることができます。

通常プログラミングを行う際はパソコンを用意し、更に開発環境やコンパイル・実行環境などを用意しなくてはならず、小さな子供ではなかなかプログラミングに手を出せないのが現状です。

ですが、プチコン3号にはそれら環境が全て用意されており、また、最近の子供は3DSを持っている比率が高くなっていることに着目し、プチコン3号を利用することによって小さな子供でもプログラミングを身近なものとして体験できるのではないかと考えました。

私たちはプログラミングに興味を持ってもらえるように、またプログラミングは難しいものではないかと考えなかなか手を出せない子供たちの背中を押してあげれるように、プログラミングスクールを開講することにしました。

文字を表示させたり、音を鳴らしたり、計算したり、改造したり。

みんな楽しく、そして真剣にプログラミングをしていました!

中には保護者の方の中にも真剣に取り組んでいる姿がありました。

BASICは初心者向け汎用記号命令コード(Beginner’s All-purpose Symbolic Instruction Code)の頭文字であり、文字どおり初心者が直感的かつ簡単に理解できるプログラミング言語です。大人はもちろん、小さい子供でも簡単に理解することができます。

お父さん、お母さんが先に勉強して、子供に教える。なんてこともできると思います。

親子の会話の中にプログラミングの話題が登場したり、公園で友達と3DSでプログラミングをしたり、自作ゲームで通信対戦する未来がすぐそこにあるかもしれません。


Posted in 報告, 日常.